« 通勤運動 | Main | 道後温泉本館 »

August 20, 2007

24時間テレビ

毎年この時期放送される日テレ「24時間テレビ愛は地球を救う」には参った。不幸・美談・ポジティブを表現するのは自由だが、ストレートな表現は度が過ぎると不快である。ちょっと前アニメ映画のコマーシャルでは何とテーマをセリフで表現した。「命を大切にしないやつは嫌いだ!」、これは24時間テレビのレベルだ。例えば時間の推移を映像で表現するのに、何度も時計とカレンダーを写す事しか思い浮かばないシナリオライターや演出家・監督がおったとしたら、即刻クビだ。夏のマンネリよりも、もっと違う表現で人の心を動かす工夫をしてみたらどうだろうか?

この番組製作費おそらく1H=1億として軽く20億円はかかっているだろうし、炎天下ボランティア出演させられた方々数千人の時間を失礼ながら時給に換算して、1億~2億。募金で数億しか集まらないのだったら制作費をそのまま日テレが寄付した方が効率が良い。それがシャクならば、万人受けしないデーマでも根性を入れた報道をして、視聴率を度外視しても24時間テレビで取り上げるテーマをドキュメントで淡々と放送してみんしゃい!

|

« 通勤運動 | Main | 道後温泉本館 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 24時間テレビ:

« 通勤運動 | Main | 道後温泉本館 »