« January 2007 | Main | April 2007 »

February 07, 2007

イシュタヨガ

ヨガに通い始めて1年になる。1回1時間で週2回、延べ100時間強。流派は「イシュタヨガ」。

教室のHPによると、
 イシュタとはサンスクリット語で「個人」を意味します。個人のペースを尊重しつつ、呼吸に合わせてテンポ良く  ダイナミックに動くのが特徴のヨガです。スタジオでも個人個人思い思いのアーサナ(姿勢)を、自分のペースで 進めるスタイルのレッスンが主流。ストレッチで柔軟性を高め、アーサナで筋力や持久力を高めて、最後はアロ マの香りでリラックスします。引き締め効果が高いことと、自分のペースでヨガができることで徐々に人気が集  まっている、注目のヨガスタイルです。身体の筋肉を引き締め、スタイルの老化を防ぐ効果が期待できるのでNY でも人気のヨガです。
との事。

実際のところも、講師が指示するアーサナに沿って進行するが、各人の呼吸ペースで繰り返させるのでゆっくりでもOKだ。またいくつかのポーズは徐々にの難度が高くなるが、人によって得て不得手もあるので、一段手前の姿勢でも十分効果があると明言し決して無理はさせない。さらに疲れたらいつでも「子供のポーズ」
で休んでよろしい、と体力に応じて参加できる。とはいえ通った当初は、きつくて大量に汗をかき、心拍もかなり速かったと思う。

1年通って体重は4~5キロ減った。さらに体の柔軟性も高まっているかなと思う。
体重が減った理由は極めて単純で、消費カロリーが摂取カロリーを上回ったからだ。決してヨガで痩せたのではなく、納豆でもない。ただこの1年間ヨガのおかげか、アルコール・甘味・過食に依らなくてもよい心持である時間が多かったような気がする。

他の人はどうしてヨガをするのか知りたいものであります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2007

それでもボクはやっていない

公開初日に観に行った。周防監督久々のメガホンで楽しみにしていたが、期待以上。
ただその後味はうんと苦く、数日後を引く。

小道具、セット、セリフ回しともに細部までリアルに作ってあり臨場感を楽しめる。しかもトーンを押さえた演出で、不当逮捕されたらこうなるのかと、胃を摑まれた気分になり不条理な世界に引きずり込まれる。
きちんと作ってある映画なので、過去の色々な「不条理」場面を想起させられた。

痴漢冤罪の可能性は相当高いのではと思う。満員電車の個人的感覚からと、タレントのBKの独白が根拠。BKは電車通学時、痴漢を5名捕まえ、そのうち2名は無関係だったとテレビ番組で語った。この場合に限っては40%が誤認という恐ろしい数字である。

「痴漢」扱いされると駅事務所に連行される。釈明しようと意気込んでいるが、駅員からは全く事情も聞かれない。駆けつけた警官の「話は署で聞く」という口上を真に受け、おとなしく連行されるが、待っているのは拷問的取り調べだ。それでも頑と否認していると、刑事から究極のご提案がある。
・Aコース「認めれば罰金3万円で今日か明日中に釈放され、誰にも知られない」
・Bコース「認めないと何ヶ月も拘留され、有罪率99%以上の裁判が待っている。執行猶予が付かないと短期間ではあるが収監される場合もある。捜査過程ではご近所、職場におまえの性的嗜好を聞いて回る。家宅捜索も行い、必要に応じて親戚も訊ねる。付け加えるが勝っても負けても弁護士費用はお前持ち」

はらわたが煮えくり返るが、ほぼ全てを失うBコースは選択し難い。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« January 2007 | Main | April 2007 »