« September 2006 | Main | February 2007 »

January 23, 2007

それでもボクは納豆を食べる

家森幸男という医学博士が「NHK知るを楽しむとい」う番組で、世界各国の長寿研究の成果を紹介している。ヨーグルト、魚、大豆、葡萄には健康効果が認められ、そのどれかを頻繁に摂取する地域に長寿が多い事をデータとともに解説。長寿の遺伝的要素には言及しないが、同じ日系人でもブラジルとハワイでは食生活&健康状態に大きく差がある等、具体的データを提示しており、食生活と長寿の関連性には納得させられた。

今何かと話題の納豆はもちろん大豆食品。長寿地域とされる中国貴州省。一般家庭のメニューには生麩、干し豆腐、木綿豆腐、豆腐麺、焼き豆腐、湯葉・・・が登場し豆腐等をたくさん食べる。また同地の大豆加工品には湯葉(ハム風)、納豆、豆腐チーズがあり、バリエーションも豊かな大豆三昧の食生活です。

大豆食品を多く食べるという事は結果的にイソフラボンという物質を摂取する事に直結します。
実証されているイソフラボン効果には、
・骨粗しょう症防止
・高血圧防止
・悪玉コレステロール減少
・抗がん作用
があり、これらの効果が長寿と関連ありそうです。

また大豆は、食塩の過剰摂取による害を打ち消すカリウムやカルシウムを含み、食物繊維も豊富です。朝納豆、夜湯豆腐で健康に必要なイソフラボンを摂取可能との事です。

奥さん(みのもんた風)!納豆を食べましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« September 2006 | Main | February 2007 »