« 山車どんど | Main | それでもボクは納豆を食べる »

September 08, 2006

山車どんど 続き

山車(やま)どんど初日の8月6日。当日は朝から仲町(なかまち)町内会の面々が総出。こちらは札幌出張の途中立ち寄りではあったが、夕方までに山車を仕上げなくてはならないので休む間もなく大忙し。鎧の武将人形、弓矢、波、波しぶき・・を舞台上に飾り、発電機と照明を据え付け、周囲を紅白の幕で覆い、アラは椿の枝を打ちつけて目隠しする。子供のころからやっているので段取りは体が覚えており、町内も面々ともチームワークもバッチリ。ただし、ちょっとでもヘマをすると辛口のコメント「東京でパソコンで、変なサイトばかり見てるから、クギをこぼすんだ!」、拡声器のテストで折角だからと笛を吹くとアンプのヒューズが飛んで「東京者は加減もしゃげんも無い」、「来年も来て笛の修行しろ」・・・歓迎されているのやら何やら。

昨年同様、前ヤマはT氏のご担当。題して「静御前の舞」。何と人形がモーターで回転し、舞台上で優雅に舞う様を再現。静御前は衣装も本格的。静御前の麗顔はピンクで美しく、凛々しく、扇も全開で、夜はさぞかし見栄えが良いであろうという完成度の高さ。

午前中で飾りつけは一段落して、午後は空き時間となった。この時を幸いに、小二の姪と、遠縁の小一の女の子に篠笛を伝授。どちらも小学校低学年なので、吹いて音が出せるところまでが限度。指使いは、将来手が大きくなって穴に届くようになってからの事と割り切って、ヒューヒューと簡単なリズムを太鼓に合わせて吹かせる。二人ともすぐに音が出るようになり、ヒューヒューのみながら、リズムもそれなりに仕上がり、私に似て筋が良いとしばし悦に入った。余分な篠笛は2本しかないので急遽100円ショップで吹けば鳴る竹の縦笛とホイッスルを5人分買い、子供らに渡し太鼓に合わせて吹くように言い含めた。まずは笛の面白さを刷り込んでおき、将来一人でも後継者が育つであろうというねらい。着手手近、構想遠大。

暗くなって「やまどんど」がスタート。普段は寂しい通りにもひしめき集まった見物客。静御前の舞いにどよめき、これぞハレの日。花火に合わせて子供らの手拍子、かけごえは芯から楽しそう。自分もかつてはこんな純粋・無垢な表情をして手をたたいて、「やまどんど、それ!」と声を出していたのかと、過去の自分を発見。数十年のタイムリープだ。今の自分はどんな表情なんだろう?この歳になっても笛を吹いて、相当ハイにはなっているが、さすがに子供らほどの無垢な表情ではあるまい、と分別くさい事を思ったりした。じゃあ他の大人はどんな顔かなと、あたりを見回すと、困った事に30代~70代のいい大人が一人残らず、子供時代に返った表情。

この祭りは永久に続きそうだ。

|

« 山車どんど | Main | それでもボクは納豆を食べる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山車どんど 続き:

« 山車どんど | Main | それでもボクは納豆を食べる »